唯一の車をずっと愛して暮らす人のために: サステナブル社会のメンテナンスラボ&ファクトリープロジェクト To support long lasting vehicle ownership with care Sustainable Maintenance Laboratory & Factory

WITH HOKUSYO
Future Insights & Markets

Application period for this project has ended.

Interested in joining a Demola project?

Please leave an open application to be an applicant for other similar innovation challenges!

Leave an open application  

Interested but the schedule is not a good fit for you?

Please leave an open application to be an applicant for other similar innovation challenges!

Leave an open application  

唯一の車をずっと愛して暮らす人のために: サステナブル社会のメンテナンスラボ&ファクトリープロジェクト To support long lasting vehicle ownership with care Sustainable Maintenance Laboratory & Factory

WITH HOKUSYO

The environment of the vehicle industry is rapidly changing, such as the expansion of vehicle sharing, the development of automatic driving electric vehicles, and the testing of single passenger vehicles. Youth’s trend away from vehicle ownership seems to continue. However, in the German auto industry, innovation that respects tradition, has doubled domestic production volume in three years. The share of German vehicles in Japan has increased by more than 9%. Meanwhile, auto industries in China and Korea are developing remarkably. What kind of vehicles and people will result from these trends?

In Japan, because of the habit of regularly updating to newer vehicles, the culture of maintenance technology such as in Europe, of maintaining a vehicle carefully and keeping on for a long time, is not mature.

PDF (including English ver.) is here:

https://docs.wixstatic.com/ugd/3d2bad_d6511d20b4d94970be62ad02c7e40b72.pdf

国内の車産業を取り巻く環境は、カーシェアリング、自動運転電気自動車、一人乗りウィンドカーの開発など、めまぐるしく変化しています。今後、若者の車離れは、一層進むかもしれません。でも、伝統を守りながらも、革新を続けているドイツ車のドイツ国内の生産台数は3年間で倍に拡大しています。また日本国内でのシェアも9%を超えて伸びています。中国や韓国の車産業の発展も目覚ましい。こうした趨勢の先に訪れる車と人の暮らしは、どんなものになるでしょうか。

 次々に新しい車に乗り換えるトレンドが一般的な日本の自動車産業界には、一台の愛車を大切にして、長く乗り続ける整備技術の文化は、欧米のように成熟していません。

 このプロジェクトでは、北翔がもつ整備技術を生かして、愛する車と長く暮らしたい人のために、その人々に寄り添い、一人一人の暮らしに合わせたメンテナンスサービスを行う「サステナブル社会のメンテナンスラボ&ファクトリー」を構想します。そして、メンテナンスシステムをデザインします。(株)北翔は、唯一の車をずっと愛して暮らしたい、もっともっと多くの人に、この新しいサービスを提供して、「未来の人と車の暮らし」を届けたいのです。

Future Insights & Markets

Background

HOKUSYO* is a company that carries out maintenance and imports of imported cars. Western cars have a long history and brand recognition. HOKUSHO provide the best car life while servicing innovative vehicles tailored to the modern environment and human consciousness. It has inherited this mission and technology and has become part of the lives of Japanese people.

HOKUSYO has experience of acquiring ISO standard 14001 in 2000; It is also doing business to create a sustainable society such as waste recycling. By participating in DEMOLA, it also want to make progress in trying to build a good society through business.

*HOKUSYO : https://s-hokusyo.com

株式会社北翔*は、昭和57年創業の(「清水商会」)、MELCEDES BENZ、BMW、VOLVOなどの輸入車の整備とパーツ販売を行う会社です。欧米車には、長い歴史とブランドがあります。そのミッションは、現代の環境や人の意識に合わせて革新しながらも、最高の人と車の暮らしを提供することにあります。(株)北翔は、このミッションと技術を受け継ぎ、日本の地域の暮らしに溶け込ませてきました。これからは、この整備技術を生かして、ユーザーに未来の暮らしを届ける事業に進化したいと思っています。 

また、(株)北翔は、北海道にはまだ少ないISO規格14001を2000年に取得した経験があります。この経験は、環境や安全、健康への意識を育て、現在の社風の基盤を創りました。中古車の販売と整備の他に、廃棄物再資源化など、持続可能な社会の形成に必要な事業も行なっています。DEMOLAに参加して、「ビジネスで、より良い社会を築く」という試みも、一層前進させたいのです。

*株式会社北翔 / HOKUSYO : https://s-hokusyo.com

Problem

?The Japanese market is dominated by domestic product for several reasons There is no preferential tax treatment, as there is for Japanese automobiles. Also, there are detailed regulations regarding the vehicles types and goods handled by maintenance companies. Because Japanese carmakers exclusively own aftermarket, European and American cars are expensive to purchase and maintain.

?Under these circumstances, cheap and convenient maintenance chain shops were launched one after another, but these businesses have resulted in lower performance in the vehicles they maintain, fuelled by low wages and low technology use. HOKUSYO aims to produce both a supply chain maintenance system for imported used cars and nurture engineers with high maintenance skills. Performing this process, HOKUSYO will increase investment in the brains and experiences of people with expertise. Moreover, it will enhance the value of people working in the car industry, contribute to creating a future where workers can operate to their maximum in a secure, stable environment.

?Vehicle performance is a priority. To achieve this, technicians with expertise and experience are needed to provide products and services. HOKUSYO have created a specialist system handling the maintenance of quality cars and a service to support vehicle ownership with care and consideration.

 国内の車市場に、日本車が席巻していることには、理由があります。欧米車には、国産車並みの税優遇はありません。整備会社が扱う車種や商品には細かい規定があります。購入後のアフターマーケットは、日本車メーカーに専有されているため、欧米車は、購入にあたっても、維持にあたっても割高になります。近頃見かける、安価な車検や整備チェーン店のビジネスモデルは、こうした状況から生まれてきました。でも、安価な整備は、結果的に、車が本来もっている性能を下げることに帰結しますし、そこで働く人々は、高い技術を必要としないため、どうしたって低い賃金で働くことになります。

 もし、健全な市場原理が働くような、輸入中古車のサプライチェーンの整備システムをつくって、その問題を解決できたら、欧州で行われているような高い整備技術をもつ人を育てることができます。専門技術をもつ人の頭脳と経験に投資し、徐々に投資額を増やし、働く人の付加価値を高めて、車産業に就業する人が、ゆったりと働く社会にしたい。

 車の性能は大切ですが、それを届けるのは、専門技術と、たゆまない追求心と経験をもった人間です。歴史ある車のメンテナスを手がける専門工の技術とそれを提供するシステムを創造して、沢山の人に、未来のカーライフの夢をみてもらいたいと思います。

Interested but the schedule is not a good fit for you?

Please leave an open application to be an applicant for other similar innovation challenges!

Leave an open application  

Get to know other challenges